no1casinobonus.com

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の治療で最も有名なお薬として
ステロイド軟膏を良く耳にします。
それと同時に
副作用が強く、危険なお薬としても良く知られています。

でも危険だ危険だとよく言いますが
何が危険なのかっていうのはわかっていない方も多いのではないでしょうか。

ステロイドの代表的な副作用としては
・皮膚が薄紙のようにペラペラになる
・毛細血管が浮いてきて赤くなる
・免疫力の減退による真菌感染、ニキビ、ヘルペスなどの感染症

これはステロイド軟膏だけでは無く内服ステロイドにも起こります。

この非常に強力なステロイド軟こうを短期間に多量に使用すると
副肝機能不全、ショックなども起こりうりますが、まずそういう使い方はしません。

そして一番ステロイド軟こうで恐れられている症状で
ステロイド軟こうをやめるとアトピーが以前より悪化する
でもそれは当然の話です
アトピー性皮膚炎が悪くてかゆみが強く、赤みが強くて日常生活すらままならないのに
それをステロイドでずっと抑え込んでいた訳です
急にやめてしまえば抑え込んでいたものがいっきに吹き返すのは当然です。
以前にも増して症状が出るのは仕方ないんです。

ですのでこれは副作用というより、
ステロイド軟こうを急に中止してしまった事が原因です。

完全にアトピーが治ってきたなぁ?と思ってもしばらく使い続けるというのは
そういう事からだったんです。